BLOGブログ

ブログ

敏感肌の方必見!正しい日焼け止めの選び方

「敏感肌の私でも使える日焼け止めってどう探したらいいの?」

夏が近づくと誰もが考えはじめる紫外線ケア。

薬局やコンビニなどでたくさんの種類の日焼け止めを見かけるようになったものの、どれが一番自分に一番合っているのか悩まれたことはありませんか?

こちらの記事では日焼け止めの基礎的な知識や選び方についてお話していきたいと思います。


【SPF・PAは値の大きさ=商品として優秀という訳ではない】


日焼け止め商品を見ていると良く目にする「SPF・PA」という表記。

まずはそれぞれ示す内容を把握しましょう。

・SPF =UV-Bの防止効果および持続時間を表す
・PA =UV-Aの防止効果を表す


UV-Bとは肌の炎症・シミ・色素沈着の原因となる紫外線、UV-Aはシワやたるみの原因となる紫外線のことです。

SPFは10や30といった数値で表記され、PAは+~++++と表記されます。



SPF1=約20分なので、もしSPF50の場合「UV-Bから肌を約1000分(16時間)守ってくれるもの」ということになります。

16時間もの間屋外で活動する人であれば適していますが、大抵の方は効果を余してしまう部分もあるかと思います。



またそれだけ長く効果が持続させるためには合成化学物質が入っていることも多く、その分お肌への負担も大きくなります。

特に敏感肌の方は必要以上の成分が入っていないかどうかは注意すべきポイントとなります。

PAについても同様で、適当な効果を見込める日焼け止めを選ぶことが重要です。


【シーン別のおすすめSPF・PA値とは?】


ではどうやって自分にあった日焼け止めを探せばいいのか?
以下の目安をご参考ください。


1.スポーツ・仕事などで一日中屋外にいることが多い人


国内で最も防止効果の高い「SPF50+・PA++++」がベストです!

『コックニーのおすすめ』

・CEFINE UV カットシャワー アロマガードUX 80g 店頭価格¥2,000(税抜)

https://cefinecosmetics.co.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?pid=100150152084000001&shop=0


2.通勤通学や家事などで必要最低限外に出る機会のある人

そのような日常生活でも、「SPF30・PA+++」以上の日やけ止めを選びましょう。
室内にいる場合でもシワやたるみの原因となるUVAはガラスを透過して降り注ぐため、室内にいる場合は特に意識してPA値の高い日やけ止めを選ぶようにしましょう。

『コックニーのおすすめ』

・AXI ホワイトUVヴェールTC 60g  店頭価格¥3,500(税別)

https://cuore-beauty.co.jp/products/salon/axi/1/6/detail/235


【紫外線吸収剤でなく“紫外線散乱剤”を使ったものを選ぶ】


日焼け止めのメインとなる成分で、主に「紫外線吸収剤」を使ったタイプと「紫外線散乱剤」を使ったタイプの2種類があります。

紫外線吸収剤は受けた紫外線を熱に変換して放出することで肌を守りますが、人によっては肌が赤くなるなどのアレルギー反応を起こす可能性があります。

それに対し紫外線散乱剤は紫外線を散乱・反射させることで肌を守ります。肌への刺激が少ないため敏感肌の方、または子供のデリケートな肌にはおすすめのタイプです。

「ノンケミカル」とパッケージに表記されている場合は紫外線散乱剤を使用している日焼け止めなので参考にしましょう。


【まとめ】

どんなものにも適切な使い方があります。
日焼け止めはその方の生活サイクルも選定の大きなファクターとなりますが、ぜひ上記の情報を参考に自分にとってのベストな日焼け止めを見つけて頂けると幸いです。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 敏感肌の方必見!正しい日焼け止めの選び方

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-20-20 名駅錦ビル1F
3-20-20 Meieki Nakamura-ku Nagoya-shi
© 2020 COCKNEY HAIR & BEAUTY